むし歯治療 general dentistry

できるだけ痛くない、抜かない治療を

なるべく歯を削らず、ご自身の歯を長く使って欲しいと思っています。万が一、治療が必要な場合でも痛みの少ない治療を心がけています。

虫歯治療について

虫歯はすぐに治しましょう。津田歯科医院では、初期段階の治療から根っこの治療まですべての過程において、「痛みの少ない治療」「今ある歯や歯ぐきを大事にする治療」をしております。

当院のむし歯治療の特徴

津田歯科医院では根っこの治療やかぶせ物の土台を作るときに、目では見えない細かいところまでを歯科用顕微鏡を使用しております。簡単に歯を抜いてしまうのではなく、精密な治療で少しでも長くご自身の歯で食事をしましょう。

痛みのない治療のために

表面麻酔

無痛治療の基本は、麻酔をしっかりと打つことです。しかし注射針を用いる以上、打つ際にどうしても「チクッ!」とした痛みが発生します。それを緩和させるために、当院では打つ前にゲル状の麻酔液をまんべんなく患部に塗布しています。


極細の注射針

針が太いと、感じられる痛みも強まる可能性が出てきます。 そこで当院では、現在の日本で流通している中では最も細い針を使用しています。


麻酔剤の加温

麻酔剤が冷えていると、注射の際に痛みが強く感じられてしまいます。そこで当院では、体温とほぼ同じ温度に麻酔剤を温める道具を取り入れて、1年を通じて適温で麻酔剤を投与できるようにしています(冬場でも心配ありません)。


電動麻酔注射

人の手で注射を行うと、どうしても手元が狂ったり急激に麻酔液が入ってしまったりと、何かとリスクがあります。しかし、当院の注射は手動ではなく電動です。 精密な機械を用いていますから、いつでもゆっくりと正確に投与することが可能となります。

MTAセメントを用いた治療

MTAセメントとは強アルカリ性の歯科用セメントで、歯の穴を塞いだり、接着をしながら殺菌ができるという優れものです。これを用いることで、歯を長く保存することができます。

覆髄治療

重度の虫歯でう蝕が歯髄の近くまで進行していると、外部からの刺激によって歯髄が炎症を起こしやすくなります。これらの刺激から歯髄を保護するために行う処置が、覆髄治療です。
従来の虫歯治療では、う蝕部分を削ることで神経(歯髄)が露出してしまう場合、水酸化カルシウムセメントを用いた直接覆髄法によって歯髄を保護・温存していました。しかし、治療の成功率は決して高くはなく、最終的に神経を抜かなければならないケースも珍しくありませんでした。

MTA覆髄治療はケイ酸カルシウムを主成分としたセメントを使用する治療で、水酸化カルシウムセメントを使用する治療と比べて高い確率で歯髄の感染を防止し、神経を保護することができます。覆髄治療には、歯髄に刺激が伝わらないように歯髄に近い部分の虫歯を慎重に取り除くこと、虫歯治療に適した覆髄材を採用することが非常に重要です。健全な歯質を削る量が少なく、歯の寿命を延ばすことができる「ミニマル・インターベンション治療(最小限の侵襲)」の一つとされています。

お問い合わせ contact

ご予約・お問い合わせはこちらまでお気軽にどうぞ! 0795-48-5088

平日 9:30 - 13:00 / 15:00 - 19:00 ※土曜は〜17:30までの診療 【休診日】木曜・日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス・診療時間 access/schedule

津田歯科医院
〒679-0211 兵庫県加東市上滝野835
TEL.0795-48-5088 滝埜駅から 徒歩10分

09:30-13:00
15:00-19:00

平日 9:30 - 13:00 / 15:00 - 19:00
※土曜は〜17:30までの診療
【休診日】木曜・日曜・祝日

Google MAPで見る